FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

Dayton Audioは、本当にゴミ

Posted by t.ken on   3 

カーオーディオのTwが壊れたので、Dayton AudioのTwを買いました。

今度はソフトドームにしてみようかな?と思いまして。
今まで使ったことの無いメーカーにしてみたいという思いもあって、初Dayton Audioとなったわけです。
https://amzn.to/2Y4GBCi

これが、カサカサでザラツキ、酷い代物で。
もう本当にゴミ、使い物にならないゴミです。
ハードドームよりも刺さる、酷い音色。
どうやったら、こうなるんだ??と。
上も伸びなければ下も伸びない、褒めるところが一つもない。

絶望的なツイーター、「ダメなものを知る」という意味で、経験にはなりました。
巷では、結構な高評価のようです。

別のDayton Audioの2wayも、同じ傾向でした。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



音質良好なSATAケーブル

Posted by t.ken on   0 

オーディオの世界では、ボッタクリケーブルが幅を効かせるのに、SATAケーブルだけはお盛んになりません。
昔は100万円/m超のケーブルが超高級品でしたが、今は一桁変わってしまいました。
壁コンセントも昔はWATTaGATEの高級品が3万5千円くらいだったのに、今の高級品はコンセントプレート付きで50万円くらいします。

高級時計は金になるから、いざという時の即資金になりますが、コンセントプレートはなりません。
動産資産としても、ほぼ価値はありません。
動産資産の価値という特面から見ると、アクセサリーの一部は、メルセデスやBMWと同等かと思います。
アルファードや軽自動車をまとめ売りした方が、一時的な資金としては還元率が高い気がします。

さて、そんなオーディオケーブル市場の中で忘れ去られているSATAケーブルですが、
https://amzn.to/2zQ0moU
は、安価で良好です。お勧めします。

SATAケーブルがなぜ大々的に売られないか?という理由に触れると、作製が面倒だからです。
非常に細かい作業が必須だからです。
当方では、SATAケーブルを10本弱出荷しましたが、SATAケーブルのC/Pは、かなり良い方です。
当方で出荷するSATAケーブルは、2種類。1万5千円と2万5千円のものだったと思います。
電源ケーブル換算で、10万円くらいの変化幅は十分得られます。
ビジネス的に見ると大量生産は出来ませんが、オーディオ的に見ると、「すべき場所」であります。

騙されたと思って、交換されてはいかがでしょうか。
ますは安物のお勧め商品から。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村


エソテリッ◯と逸品◯、揉めたっぽい

Posted by t.ken on   0 

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=ahfoNy65k70J&p=esoteric+grandioso+all+time+80%27s+疑心暗鬼&u=rubi2947.blog.jp%2Farchives%2F40224684.html

↑関連記事が消えて、


エソテリックの逸品◯エアボ◯改造モデルが、ラインナップからも全部消えた。(爆



エソの対応が高飛車なのは、実際に肌で感じて知ってるんですが、w
パイオニアもひどいです。w

地方の病院の職員であるというだけで、
「患者を困らせれば、優位な立場関係に立てる」と考える非常識なバカがいますが、
一部のオーディオメーカーも同じようなものです。
奴らは、集団だと気が大きくなりますが、1人だけになったら、同じような態度は取れません。

世界的にも、日本の中でも、何の影響もないそんな方々が、
横暴に立場や肩書を振り回す姿は、生理的に嫌いなので、
度が過ぎたらお仕置きしなければいけないということですね。

まあ、要するに、和歌山みたいなものです。
そういう社員の比率が高いと、ブランドイメージも地に落ちて、ユーザーも離れていきます。

冒頭の記事が消えたのは、円満解決に至ったのか?業務妨害だと脅されたのか?真相は闇の中です。
しかし、エアボ◯モデルも消えてるので、勘ぐりたくなります。w

ディスクが貼り付いて剥がれなくなるVRDS機構の実例報告は、消費者に立場としては有益だと思いますがね。
CD1枚が数万円することは、この世界で普通にあることですから。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

「オーディオアミーゴ京都」へ行きました。

Posted by t.ken on   0 

「かなりデッドな空間」ともブログに書かれるようですが、
残響時間は以前の大阪Technics程度です。およそ0.2〜0.3秒ですね。

オーディオ愛好家の好みは、だいたい0.4秒程度。

個人的には、ライブよりデッドな方を好みます。
評価する時は、ライブよりもデッドな方がいいですよ。
そもそも、「空間表現」と「ライブ環境の反射音」は、区別/判別ができない人が結構います。
録音マイクには、会場の反射音が入っています。
再生スピーカーは、それをそのまま再生するだけで、音場の情報が出ているはずです。
本来、「SPからの一次反射が云々」とか、議論するのは本末転倒なんですね。

リスニングルームが「SPから放たれる会場の反射音」を打ち消さないようにすればいいだけで、
「部屋に金をかけろ」という考え方は、ちょっと商売色が強い気がします。
本来、「デメリットを無くせ」というアプローチで十分なはずなんで。

だからライブで評価した製品は、デッド環境で地が見えて大変なことになります。
で、「部屋が悪い」と責任転嫁するんです、、、

そう、無限ループと浪費地獄の始まりです。(爆


以下の写真は、オーディオアミーゴ京都の試聴室です。
きれいですね、センスが良いです。

某大学病院の帰りに立ち寄ったので、全身の消毒しまくり後に入店しています。
マスクと眼鏡してるし、ほとんど不審者かもしれないがw

20200527231010499.jpeg

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

新たな試み

Posted by t.ken on   0 

安くて良質なアンプをチューニングして、ハイエンドの音に持って行きます。
ただし、マルチシステムのTw用としてです。
ウーファー用は、アホみたいに巨大なトロイダルコアトランスが入っている「darTZeel project」のアンプが担当です。
もちろん、darTzeel project ampをTwにも使えますし、そのクオリティーに仕上げています。
が、今回は新たな試みなので、乗りました。(爆)

電源供給能力が違うので、それを逆手にとって、Twは繊細かつリッチなハイエンドの音色と表現を備えた反則的なアンプを作り、
テスト用SPで能力を確認した後、念のためDCカット用フィルムコンを装着する形になる予定です。
フィルムコン装着前のDC漏れは、10mV以下で。
もちろん、パワートランジスタは、コンプリメンタリのマッチングを合わせます。

まあ、出来るでしょう。


さて、私自身は入院コースになるとは思っていないのですが、
某有名大学病院の予約日として「最短日」を指定されたので、行ってきます。
3月半ばのポータブル心電計による心電図は、「普通に死んでて当たり前」というものでしたが、
今はマシなので、今回は帰らされると想定しています。

現在、アンプを含め、抱えている台数が多すぎて、完成前に逝ってしまうのは困るので、仕方なく病院行きとなりました。

まあ、組織の修復スピードは、普通の人の2倍速なので、心筋が少々死んで瘢痕化していても、それなりに再生しそうです。(爆)
ちなみに、羽田さんの心臓は、「もうちょっとで50%壊死」まで進んでしまったので、あの人も本来は死んでる人です。


僕は、もうちょっと煩悩の世界で、煩悩を楽しもうと思います。
darTZeel projectのSpec.Dを、まだ聴いてないですし・・・
外注すると、同じ作り方でも音が全然違うものになってしまうので、外注するとバレますから。w


にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。