FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

GOODYEAR 「Vector 4 Seasons Hybrid」 雪上インプレ

Posted by t.ken on   0 

GOODYEAR(グッドイヤー) オールシーズン Vector 4Seasons Hybrid 205/55R16 91H
https://amzn.to/2RNmHeF

2018製造から「Hybrid」の名称が付き、製造が国内(兵庫県)になりました。
2回インポートモデルを履き、今年から国内モデルを使うことになります。


以下、インプレ

1)ドライ路面
インポートの方が良いです。ハンドリングのナチュラルさ、応答性、乗り心地(国内モデルの方が柔らかい)、高速域での安定性、全てインポートモデルの勝ちです。

2)ウエット路面
インポートの方が良いです。安心感もインポートの勝ちですが、排水性の高さとハイドロプレーニング現象の起こりにくさは、同程度です。

3)マッド(泥)、落ち葉、林道
限界域の高さと、限界域に達するまでの「そろそろ限界だな」と感じられる感覚的なニュアンスは、インポートの方が上です。
国内モデルは、ギリギリまで粘って粘って→いきなり破綻する感覚なので、今後、改善が必要。

4)スノー
意外なことに、国内モデルの方が性能高いです。
3つの山越えをして、3つ目でやっと確信したのですが、同じトレッドパターンのタイヤなのに、「すべき操作」が大きく異なります。

海外モデル(インポート)・・・滑ることを前提に、自然とカウンターステアを当てながら雪道を走るタイヤ。
国内モデル・・・ギリギリまで「グリップ」を生かした走行をするタイヤ。
という違いです。

ですから、国内モデルで「海外版の走り方」をしてしまうと、「いきなり限界を超えて、4輪とも真横に滑る」という挙動をします。
海外版なら、「まずはリヤを外に振る」というモーションが生まれ、さらに遠心力をかけると「4輪ドリフト」になるところ、国内モデルは「リヤを外に振る」という挙動を殆ど見せません。

「4輪ドリフト」状態から、カウンターステアを当てると、今度は「逆方向に四輪ドリフト」する挙動も、ごくまれに見せます。この応答特性は、ちょっと危ないと思う。
じゃーどうすんねん、ということになりますが、ブレーキ踏むと止まります。(苦笑
なにこのタイヤ、状態ですね。(苦笑

新雪+微妙にシャーベッドの状態で、15cm~20cmくらい道路上に雪が積もっている時に、上り坂でカーブを60km/hほどで曲がるとします。
この時、インポートモデルは、グリップを失いかけ、アンダーステアの特性が出てきます。
国内モデルは、同条件でアンダーステアが起こりにくくなっています。

毎年誰かを救助している凍結林道では、インポートモデルなら「チェーン巻こうか」という状況に近いにも関わらず、チェーン巻かず徐行で下山できました。全部がアイスバーンになっている状況ではなく、30%アイスバーン(アイスバーンになりかけ)という状況でしたから、もちろん完全に凍ればチェーンが必要です。

結論から言えば、安全性は高まっていますね。
しかし課題は、ドライとウエットの特性を、インポートモデルに近づけることです。

スタッドレス装着車が何台も脱落する中、「登りも下りも、チェーンを巻かずに走行出来た」という結果にはなりました。
スタッドレスが悪いのではなく、Vector 4 Seasons Hybridが特別に優れているのでもなく、ただ「雪道のスキル」の問題だと思っています。

常時雪が降る北海道、東北、北陸等におかれましては、スタッドレスが唯一の選択になるはずですが、
国内モデルからは「M+S(マッドアンドスノー)」マークに加え、「スノーフレークマーク」が明記されましたから、雪用タイヤとして道路を走行出来ます。
しかしながら、チェーンの携行はお忘れ無く。

-----------------------------------

付記)

車というのは、「真横に滑る」乗り物です。
濡れ落ち葉/腐葉土に近い落ち葉などでも、「真横に滑る」ものです。
泥(マッド)は、さらに真横に滑りやすく、
雪は、さらに真横に滑りやすい、という挙動を示します。

だから、雪道の運転というのは、腐葉土→泥→雪 と、延長線上にあるだけの話です。
その意味が分かれば、どこに行っても走れます。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

やっと金剛山に「雪だるま」出現

Posted by t.ken on   0 

今年は例年にない雪の少なさで、本日の17-18時に「初雪だるま」を誰かが作った模様。
そんな私は、マイナス8度、積雪15cmの世界に行ってました。

スタッドレス装着の車たちが何台もスタックし、登れない/方向転換すら出来ない状態になっていました。
私のタイヤは、Goodyearのオールシーズンです。
今年から国内生産に変わったタイヤで、前2回はimportモデルを履いていました。
今年初の国内生産モデルを履くことになったので、山々を駆け巡り、新雪からアイスバーンまでにおけるタイヤの性能チェックに行ってきたというわけです。

何度も雪上4輪ドリフトになりましたが、一言で言えるのは、雪道の運転が苦手な人や慣れてない人は、出歩かない方が良いですね、と思います。
滑る前提で、車の挙動が分かって、直ちにリカバリー出来ることが必須になります。

私の生まれた地域は雪はほとんど降らず、雪道訓練はここ数年で習得しました。
マッド、スノー、林道、荒れた路面、それらの場所における運転スキルっていうのは、街中とはまた別の話です。
いくらゲームのレースシュミレーターがリアルになっても、私は苦手なんです。
なぜかと言うと、ハンドルから伝わる路面インフォメーションが無く、Gやトラクションの存在も無いから。
路面がひどい時に重要になるのは、車から伝わるインフォメーションです。

もはや、タイヤの問題というより雪道運転スキルの問題の気がします。
スタッドレスの過信は禁物ですね。


金剛山公式HPより引用

20190126222624d9c.jpeg

20190126222625ed5.jpeg

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

京都で「クレーンのアームが根本から折れた」事故

Posted by t.ken on   0 

京都でクレーンが折れた事故
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000028-kyt-l26

今日は地獄の鬼教官に会ってきたんだが、「ドリル掘削作業は、クレーンがよく折れる」と言ってた。
もちろん、殆どは「ドリルで穴を開けるオペレーター」と「クレーンオペレーター」のタイミングがズレた時、常時7トン近くかかってる加重が一気に増すからで、作業自体がクレーンを折りやすい分類に入るそうだ。

まあ、労働災害という事件化を回避する為に「地面に引っかかった」と言う場合もあるのかもしれないが、
ドリル掘削中のクレーン折れ事故の大部分は、「タイミングの不一致」です。


というか、本分から引用
-----------------------------
運転手が鴨川の河床からドリルを抜く際に何らかの物に引っかかり、アームに負荷がかかっていたと市議会委員会で説明した。
-----------------------------

そもそも、「アーム」じゃなくて、「ブーム」という名称だ。

引っかかった状態のドリルを引き抜こうとする場合、クレーン車のコンピューターがリアルタイムで加重を計算しているわけだから、そこから更に引き抜くことは出来ない。
負荷が100%になった状態では、強制的に動作が停止するから、抜けないことになっている。

もしも、その状態でドリルを抜く作業が出来るとしたら、キーを使って安全装置を切っていたことを意味する。
こっちの場合は、重過失になる。業務上過失で逮捕されるな。

なお、Yahooコメントで「転倒するはずだ」とか「ブームの強度不足、構造欠陥、検査不備」って書いてる人いるが、
右前方アウトリガー最大張り出し状態の、前方吊り荷で、距離もそんなに離れてないから、転倒するよりブームが折れる。
これが横方向なら転倒事故になってる。
左前方アウトリガーは最大張り出しでないから、左前方なら転倒している可能性もアリ。

まあ、建設業界は「安全装置解除」が当たり前なんで、事故も起こって当たり前。
技術習得もいい加減で、研修なんてあってない状態なのが当たり前。
おいらは、たまたま「一番確かな技術を叩き込まれるという会社」に居ただけ。
そこの研修制度は「業界の信頼が厚く」、研修だけさせて、他の会社が引き抜くという「悪行」が横行した。


ちなみに、おいらがいた関西で一番デカイと思う会社は、「安全装置切ったら、一発で懲戒解雇」になる。
「『スペアキー持ってるから切れ』と言われたら、仕事せずに帰ってこい」という掟があった。
「出来ないことはするな、違法なことはするな」という方針の会社の中で一番権力を持ってるジジイが鬼教官なんだが、
今日、指導を受けてた社員は、休憩時間でも近寄ろうとしなかった。怯えてた。(爆

おいらが無神経なだけかもしれないが、普通に会話してる光景を見て、古株社員が引きつってたりするんだが、
単に信頼関係があるだけだ。
「パトロールに来るだけでオペレーターが震え出す」という実話がある恐ろしいジジイだが、どうってことない。
「(社外の人間でも関係ないから)いつでも遊びに来い」と言われてるのは、有り難いことだと思ってる。


どんな業界の人間でも関係なく、自分が重要視しているのは、「信頼関係があり、裏切ったり、おとしめたりしない」ことはもちろんのこと、「自分のこと(私のこと)を考えてくれてる」人を大切にしたい。

陰でコソコソ妙な動きをしたり、ハメたりおとしめたり、などを最も嫌う。

ニッキョーソ系の屑教員をたたきつぶした件は、「例の評論家」のことではないんだが、悪いヤツは男も女も関係なく、悪いヤツだ。
ちなみに、その屑教員は女だ。
反省せずに、謝罪もしないから、「どっちが上下関係の上に位置しているのか(誰が、どのように悪いことをしたのか)」認識するまで、徹底的に懲らしめた。

「女には甘い」とか、「t.kenは女好き」と思ってる人もいるかもしれないが、悪党に男も女も関係ない。
少なくとも、力(筋力)を使わない戦いであれば、むしろ男の方が劣勢だ。
「痴漢」「強姦未遂」と言われたら、男はそれで終わってしまう。
状況的弱者だからこそ、徹底的に潰してしまえってことだ。

最後は、ちゃんと謝るようになったから、そこで止めた。
「二度とふざけた真似してくるんじゃねえよ」という話で、一件落着ということになる。

みんな俺のことわかってねえな。w
鬼教官は俺の性格を見抜いたらしく、いつでも歓迎してくれるわけだが。


いつのことか、
「オーディオショウに美人もってこい」と書いてたら、サクラ臭たっぷりの女性たちがいたんだが、
おいらが言ってる美人って言うのは、「顔が整ってて、気立てが優しくて、近くに来て温かく包んでくれる人」だ。

「顔が整ったサクラを集めてこい」という意味じゃない。w

アイスが人肌で溶けるような感覚が欲しいんだが、まったく何も分かってない。w


随分前のことだが、性格がトゲトゲした金持ちの美人女がいて、「電柱にケンカを売り、躓いた石コロに怒り出す女」だった。
かなり金持ち家系の大阪市内のお嬢様なんだが、そんな性格だから男にはモテても、欲しいと思われなかった。
そこで、親が必死にくっつけようとしてくれたんだが、(爆
顔は本当に美人なんだが、まあ、最悪だ。w
金と美貌と家賃収入があっても、その性格、、、www


誰だって、遠目から気持ち悪いことしてくる女よりも、側に寄ってきて普通に挨拶交わしてくれる女の方が良いだろ。
たまに変な距離感の女がいて、本当にイライラするんだが、鬼教官のとこの会社では、それは無かった。
事業部の若い男が「勘違い系」なだけで、女の子は愛想が良かった。
まあ、そういう感じの方が印象良いです。

クレーンていうのは、「3割仕事/7割待機(休憩)」という業務だから、色んな意味で楽だ。
ただし、まともな研修を受けないと大事故を起こすというリスクがあって、停電、死傷は当たり前のことだ。
公道を走行する場合も、「研修中に公道で事故って当たり前」と言われるくらい、下手くそなヤツは運転できない。
そもそも、左前方/左側方は、ほとんど見えないんだから。
原付がすり抜けしてきても、自車の数リットルターボのエンジン音にかき消され、バイクの音など聞こえない。
ブームを縮めた「走行姿勢」は、死角があまりにも大きく、年に何回かは、原付や自転車を轢き殺している。
超ハイリスクとハイリターンと遣り甲斐が一緒になったような仕事で、まあ、おいらは目が大丈夫なら、あのまま乗ってたと思う。

仕事が楽すぎて、運動不足がたたって筋力低下、乗り降り中に滑って転落骨折が多々あったり、仕事としては本当に負担が少ない。
まあ、鬼教官も今年いっぱいで辞めるらしいから、技術も指導の継承も、そろそろ終わりってことだな。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

業務連絡

Posted by t.ken on   0 

夜なのでメールでなく。

実際、SP端子部分だけの交換であれば、「SP本体をお送り頂かなくても何とかなる」ということが分かりました。
手法は考えようです。

SP端子の裏側を見て考え込んだものの、普通に仕上がりました。

年代物のSPは、「必ず」SP端子を交換した方が良いです。経験上、強くお奨めします。

SPターミナル修理後

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

「嘘も100回言えば、本当になる」らしい

Posted by t.ken on   0 

EEZ内で軍旗を掲げない不審船に射撃用レーターを照射されれば、ロシアやアメリカはおろか、中国にも即撃たれてる。

「加害者が被害者になる構図」=韓国なんだが、こんな奴らを雇ってる企業の気が知れないね。
何十年後、本人や子孫が被害をでっち上げて、ゆすり・たかりに来るのも目に見えている。

頭がおかしい。
そして、強攻策に出ない政府も頭がおかしい。

おいらは、ニッキョーソ系の屑教員を一人叩き潰したことあるんだが、韓国への対応も同じようにやらなきゃダメだ。
円満や友好などという構図には絶対なり得ないんで、上下関係を徹底的に教え込まなきゃダメだ。
そういう意味では、絶対的下位の虫けら同様に扱う中国は、やはり扱い方を心得ている。
悲しいことに、同じような形態をしている生き物ながら、全く別の生命体だと認識しなければ、被害を受ける。

そうやって、中国もアメリカもロシアも、対応してきた。
「遺憾」とか「大人の対応」とか、普通の対応してるから現状の悲劇がある。

やることは、「フッ酸の輸出停止」まずはそれから。




ニュース:“威嚇飛行”写真 専門家「何の証拠にもならない」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190124-00000057-ann-polより、画像引用

何の証拠にもならない




P1哨戒機の機体高さは36mだったと思うが、機体の下に海面が見えないにも関わらず、「機体4.5台分くらいのスペース」がある。
韓国は「高度60~70m」を主張しているが、それなら海面が写っていなければならない。
「高度150m以上は確実にある」ってことだ。

こんな嘘まみれの人種に、未来永劫因縁を付けられるのは真っ平ごめんだ。
国ごと消えちまえ。吐き気がする。

こんな奴らとの関係を何世代も後の世代に引き継ごうとするのは、あまりにも勝手で無責任だ。


そもそもな、民主政権時代に、「日本人全部の個人情報を韓国に管理させた」という話があって、
全ての個人情報を盗られている可能性が高い。
そして本来保存しなければならない外交文書を数千通破棄されているから、何をやったのか?さっぱり分からない状況にある。

エダーノが革命的マルクス原理的共産主義者なのは有名なことだが、
オカーノいおん の建設時には、場所によっては、建築費の半分以上の税金が注ぎ込まれているという話まである。
モナオは、露のスパイだろ。

セカンドフロアはそろそろ事故にあって死ぬべきだな。
茅ヶ崎の海の男@430万円親子も、海外で事故死するかもしれん。
まあ、そういう自浄作用が働くのもいいことだ。
なぜか、逆の作用ばかり働いて、議員が事故してるけど。

国内の法を遵守しなくて良い組織が、時折表に出てくる。
そろそろ動く時期じゃないか?

各国は衛星で補足しているから知っていることだろうが、韓国は、米軍にも自衛隊にも、見方のフリして撃ってくることが明らかになったということだ。

実際、幼少期から超反日教育を刷り込まれ、用日(都合良く日本を利用する)思想を刷り込まれ、「親日罪」があるから、
表に出てるKポッパーや、男優女優も99.9%反日だろう。
そもそも、反日じゃない人間は、表に出られず金も稼げず、逮捕されてるはずなんだから当然だ。

当たり前のことだが、旅行客も同じように見てる。
友好思考がどこにもないことくらい、見てれば分かるだろ。

「全員が悪い」とは言わないが、反日じゃなければ自分の居場所が無くなる国なんだから、自然と朱に染まる。

ちなみに、今回の哨戒機事件の言い分は、ニッキョーソそのものです。
だから、追い詰められた奴らが、次に何を言い、何をしでかすか、予想が付く。
対応を誤れば、結構高い確率で、自衛隊機は撃たれるだろう。その時、瞬時に韓国から「捏造動画」が出てくるだろう。撃った正当性を証明するために。
それに対応している間に、隊員は次々殺される。

もともと、韓国人って言うのは、暴力的で野蛮なのが多い。DNAに異常があることは海外の論文で発表されている。カプサイシンの過剰摂取で、DNAの複数箇所が「韓国人は特異的に壊れてる」ことが証明されている。他の国で、同様の異常が起こってないことが同時に証明されている。
ライダンハン問題にしても、「女は3日殴らなければ狐になる」という諺にしても、日本では理解できない凶暴性と、非人間性を兼ね備えている。弱い者に対する残虐性は、米軍よりも、英軍よりも、露軍よりもずっと上だ。

徹底的に叩き潰せば、誰も死なない。
やることは、過去にさかのぼって、徹底的に叩き潰し、締め上げろってことだ。
韓国に使ったインフラ整備の金も、現在の金額に換算して、完全に回収しろ。
甘過ぎるから、こういう問題が起こる。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

現実の業務に則し、HPリニューアルのお知らせ

Posted by t.ken on   0 

項目が増えました。
ネット用PCの不調(メモリーが原因でした)が直ったため、更新しました。
http://gcom.cher-ish.net/audio/AudioClinic.html
(以前のページが表示される場合、「更新ボタン」または「F5」を押して下さい。)

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

NGT48のアナログ盤が「発売未定延期」

Posted by t.ken on   0 

そもそも「ニーズ」が無かったんだから、いいんじゃないか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000344-oric-ent

「売れている」のと「売れていることになっている」のは、全く別の話で、
本当の売れ行きなんて分かんないです。

そんなことを言い始めたら、不況まみれの出版業界なんだが、
おいらのところに何社も(名の知れたところも、無名にちかいところも)「本書いてオファー」来たけど、
商業出版にはなりません。

だいたい「何部刷るんで、ナンボ負担してください」ってやつだ。w
完全自費出版レベルでは無くて、
売れちゃったら増版分の印税結構乗るらしいけど、
「商業出版」とは別の世界の話です。

商業出版というのは、100%売れる名作家で部数が確約されてる状態の場合ね。
そういうのだけは、初めからボンとギャラが出る。

刷るだけなら、いくらでも刷れる。
発行部数なんて、金次第でどうにでも操作できる。
それが、なんとか48の商売なんだから、裏がどんだけ汚れててもそういうものだ。


ちなみに、t.kenの方には、そういうオファーは来ません。
t.kenの方に来るのは、「悪いことは書いちゃダメ!」という口止めとか、そういうのばっか。w

おいらは、だから悪い製品をクソ呼ばわりするのは止めていて、救いようがない場合は、基本的にネタにしません。
褒めるところがあるとか、すごく惜しい状態とか、もうちょっととか、そういう場合は、両側面を素直に書くだけです。

「絶対知っているはずなのに書いてない」という製品の場合、「救いようがない」ケースが混じってるという話です。


まあ、脱線したけど、すぐに解雇された加護とか矢口の方がずっと好感度が高く、
すでに社会的制裁を受けたんだから、メディアに出てても何とも思わないけどな。

自分が悪かったこと認めてるし。

気にいらんのは、ソースコリア的な発想とか、松崎とか、そういうタイプの「嘘、言い訳、言いがかり、因縁、恫喝、脅迫、被害者面...etc」であって、最後まで絶対に認めない/謝らないという特徴がある。

オーディオ業界の松崎の店なんて、
「お金が無くて隣の畑の大根盗んで食べたけど、農家のおじさんに謝って、それ以降、野菜をタダで分けてくれたから生き延びれた」とか、
「お金が無くてローンを払えず追い出される」とか、
そういう嘘を繰り返しているからな。

前者の「大根恵んでくれた話」は、「畑も農家のおじさん」も実在せず、舞鶴の職業訓練校は寮生活だから、3食出てたのが本当の話で、
後者の「ローン払えないから追い出される話」は、「6000万円のローンを数年前払い完済済み」が実話である。

和歌山県有田の い○まき一族 出のオトヨメは、「岡山出身」ということになっていて、
何もかもが嘘ってことだ。

おいらには、那智勝浦、新宮、本宮、串本、田辺、市内、岩出...etc 至る所に知人がいるんだから仕方ないだろ。
和歌山だけじゃなく、奈良も各方面に点在してる。
「和歌山生まれじゃない」とタカを括って、嘘ばかり言いまくったのかもしれんが、いずれにしてもそれが松崎の本性だ。
騙せそうなチャンスは、確実にモノにしよう!ってことだな。


これがTADお抱えYouTuberの素行なんだから、現実を知った方が良いね。

今話題の有名人「小室君親子」の発想と酷似してるんだから。

羽田は、「お金の価値なくなるからって、500万円くれたねん」と借りパクを試み、返済催促の電話を無視し続けたが、内縁の妻 山根の兄に連絡を取られ、渋々元金だけは返した。

小室親子は、「学費と生活費400万円を借りたが、『もらった』と言い張り、『解決済み』とマスコミ各社に一斉FAXを送信。貸主激怒。

松崎は、上記の件+「弱みを握って800万円脅し取った」



もちろん、下に行くほど悪党だ。
世論は、小室親子に対する拒絶感で埋め尽くされている。
松崎は、さらに根っからの悪党なんだが、オーディオ業界はどうやら違うようだ。

ネタバラシすると、業界一味による「情報戦」と「情報統制」で松崎は体裁を保ってる。
普通の客は、「800万脅し取った店」には行きたくない。
仮に昔の話でも、「客から50万円脅し取った」キャバクラには、誰も行こうとしない。経営者が同じだから、なおさらだ。
800万っていうのは、その辺の反グレよりも、よっぽど悪党だ。



こういうのは、人として終わってる。
各自、被害に遭われないようご注意ください。


にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

毎年恒例の

Posted by t.ken on   0 

t.ken 2019

少ない雪でしたが、嬉しすぎて涙出そう。(笑

20190122125504fed.jpeg

201901221255050d6.jpeg

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

イルミネーション

Posted by t.ken on   0 

三木SA

Canon 6D
SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL

このレンズは中古品で、落下歴ありです。
その分かなり安かったが、レンズフィルターが割れ、フィルターの枠が除去不可という状況の品だったので入手しました。
もちろん、簡単にリカバリー出来たので、中古市場で「新品同様」として流通可能なレベルです。
使えるレンズっぽいので、売らないけど。

201901221254448d2.jpeg

2019012212544120e.jpeg

201901221254437d6.jpeg

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案 Regarding the incident of an ROK naval vessel directing its fire-control radar at an MSDF patrol aircraft

Posted by t.ken on   0 

日本語版
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index.html

English
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index_eng.html


照射用レーダーではなく、射撃用レーダーであることが明らかですね。
商取引でもそうですが、「信用できない奴等との取引はするな」という鉄則があります。
支離滅裂な感情論で司法まで捻じ曲がる、GDPの小さな、頭のイカれた奴等と国交持っても、メリット無いってことです。

なお、この軍艦は、去年3度EEZ内に侵入しています。
九州に建設中の「日韓トンネル」も侵略に使うことでしょう。


どうせ、ウラン濃縮に必要な「フッ化物」を、日本のEEZ内で「北」に違法な横流ししてたんだろう。
で、核ミサイルに載せて、アメリカ本土を爆撃計画、と。
まあ、「ターゲットは日本」っていうことになってますが、奴等の発想からすれば、「日本の次にアメリカ」です。

頭おかしいから。
対等な関係という概念が無く、「上か下か」という発想だから。


何もかもウソまみれなキチ◯イ相手にしても、何のメリットも無いです。
嘘に嘘を塗り重ねる上に、最後まで認めない国民性が明らかになって、ちょうどいい機会だと思いますよ。
松崎もそうなんですが、最後まで嘘を認めません。こういう不誠実な嘘まみれな方は、日本社会では嫌われるんですが、
TADはそうじゃない。TAD自体が、「居心地の良さを感じる、同胞感」なんだろう。

どんな人物(人であるならば)でも、良心の呵責に耐えかねて、最後は「認めて、謝る」ものです。
それが出来るか、出来ないか、という差は極めて大きく、対応も真逆になるものです。


「火病 hua-byong」という民族特有の発狂病は、ネット上を中心に「デマ」扱いされてきました。
精神医学のバイブル読んでください、乗ってます。
DSM-5の最新版を買わなくとも、DSM-4にも載ってます。
「恐怖症候群」とされ、「恐怖が精神を抑圧し、心身に異常をきたす民族特有の精神疾患」と定義されています。

真実を嘘に、嘘を真実にする国民性、嘘を100回叫べば真実に生まれ変わるという発想が、人として終わってますね。

真実は真実であってほしいものです。



DSM-4TR
https://amzn.to/2FG8l9d

DSM-5でもいいですが、大型本でない場合は、末尾の該当部分が載っているか否か、知りません。
DSMは、大型本で。診断用途でないから、中古で良いです。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。