FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

ガレージメーカーの一部は、スピーカーを作りたがる

Posted by t.ken on   0 

という傾向が見られるんだが、スピーカーの利幅はそんなにいいのか?と勘ぐってしまうが、
スピーカーというのは、無響室があっても、マトモなものを作れない典型例です。

「データに頼らない」と言い切ってしまうと、今度は仕上がるのが「ゴミ」ばかりということで、
ガレージ系SPの大部分はハズレ、家具としての価値がなければ、オーディオとしての価値もない。

結局、どこのメーカーでも「音を作ってる人間」がいて、その人が「仕上げ」をする。
「仕上げ」の過程で最も多いヘマは、「クロスオーバー周波数近傍の欠点領域が分からない」ことなんだが、
一聴して、「どの領域がおかしい」と即断できる能力がないと、大概ミスします。

海外で言うと、Andrew Jones氏や、David Andrew Wilson氏などは、天才だろう。
しかしながら、天才であっても完璧はなく、AJ氏の場合は、「何割かが天才的な完成度」と言うに過ぎない。


まあ、そんなことはどうでもいいんだが、ガレージメーカーの作るSPというのは、大概が酷い代物で、
SPユニットの選定段階で、チョイスが酷すぎる。
まかり間違ってもそんなの使わないだろ、というレベルなんだが、まあそれが実態です。

ガレージがどの程度潤ってるか?という話しなんだが、例えばアルミチップのあそこはだな、
サラリーマン時代の副業でやってた当時、サラリーマン給与と同等の副業収入があって、
たぶんその後、サラリーマンをするのがアホらしく思えるほどの逆転現象が起こったんだろう。
千円台のチップを極小市場で売ってるだけで、そんだけ潤うって事です。

評論家もユーザーも「C/P(コストパフォーマンスが高い)」って言ってたが、
あんなモノでそんだけ潤うって事は、利幅が十分高かったという現実だ。
チップの種類が変わって価格が跳ね上がった今、当時の利幅は維持していないだろう。

オーディオ業界というのは、品質や原価も効果も、著しい「独特の世界」にあるわけだが、
圧着すればポキッと折れる電源系ファスストン端子を売ってるメーカーが数社あって、
安全性すら疑わしい。

「ポキッと折れる圧着端子」というのは、完全な欠陥品だ。
ニチフの圧着端子では、まず起り得ない。
要するに、設計段階からの、とてつもない不良品で、能書きが立派でも技術面が疑わしい。

そんなものを販売する会社は、色んな意味で信用ならない。
会社名は少なくとも2社挙げられる。
まあ、おいらが「FのACインレットは使える」と書いたんだが、一つはそのFなんだよな。ACインレットの一番安いのは、製品としても音質としても良好だ。上のグレードの8Sq線が使える製品は、締結時に素線が切れる(欠陥品一歩手前)。
もう一社は、社長がフェラーリ乗ってるとこだ。
複数の金属部材の強度に問題があって、樹脂の強度にも問題がある、という2社。
どちらもオーディオ的には、かなり評価が高く、信頼性があると判断されている。
補足で言えば、FのRCA/SP端子の最上位ランクのも、ネジ部の強度不足が致命的で、圧着に準ずる接触度を達成する前に、ネジ山が潰れる。そんなゴミは、おいらの部品庫の中に幾つも捨ててあるんだが、定価が高いだけにポイ捨てするのも憚られる。

逆に、AETのAC系は安心だ。まず割れない、壊れない、潰れない、曲がらない、折れない。そもそも安いけど。

ちなみに、オーディオ用水晶がボッタクリ値で売ってるんだが、あれは完全なボッタクリ。
水晶は、イメージ的に結構値段がするものだが、実際に本水晶を入手する場合、かなり安い。
「それニセモノちゃうの?」って思うだろうが、ニセモノ水晶は、まれに店で売ってた。一部のアジアン雑貨とか。
本物と偽物は比重が違うんで、どちらの重さ感覚も分かっていればスグに見分けは付くんだが、
ニセモノとは、要するに「ガラス玉」です。
本水晶は、おいらは入れるルート持ってるが、本当に安いです。
オーディオアクセサリーの水晶モノは、悪徳ボッタクリ店並に「ふっかけている」というのが事実であって、んなもん買うな。


そんなことはどうでもいいんだが、
電気工事士の試験受けたら分かると思うけど、
圧着端子が圧着過程で折れたら、大問題だ。
おいら、そこのファストン端子をカーオーディオに使ったら、ちゃんと圧着しても「運転中に、圧着部あるいはファストン端子接続部が抜けた」からな。道の駅みたいな場所で、慌ててドアパネル外して付け直した。が、また外れた。w
幸い、+/ー間の接触はなかったから良いようなものの、保護回路がなければアンプのパワー段が壊れているし、
電源部なら短絡事故(ショート)してる。

少なくともおいらは2週間で電気工事士を取ったから、「ドシロート結線」ではないと言えるけどな。
まあ、オーディオ業界には頭のいい人結構多いから、学科1週間/技能1週間で試験受かります。
電気工事士の目線からオーディオ製品の電線部材を見たとき、どんだけ多くの製品に疑いの目を向けるか?という話しだ。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。