FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

KT-180内部のサージキラーのバリスタ電圧は470Vです。

Posted by t.ken on   0 

株式会社KOA様よりご返答いただきました。
バリスタ「470D10」は、470V品だと判明しました。

ネット上では、47V品と噂されていますが、その話はデマです。
バリスタの「470表記」には、メーカーによって、47Vのものと、470Vのものがあります。

また、同じくKT-180の内部部品に使われている部品に、Panasonic製250Vフィルムコンデンサーもあります。
こちらは、KT-180に直接200V機器を刺して運用しない限り、大丈夫かなと思いましたが、

しかし、「突入電流のスパイク(定格電圧の3倍弱)が逆流する」と考えた場合は、やっぱダメか・・・な。
極論、「すぐにはダメにならない&オーディオを聴くときだけ刺しておく」、という考え方も出来ますので、
目を離さない環境にあれば大丈夫かと思ったりもします。
もちろん、「消耗品」という概念が強くなります。

イメージ的には、「フライパンを熱している時は、遠くに離れるな」という感じです。

強引な発想をすれば、同じPana製の400Vのフィルムコンに変えてしまえばいいという話しでもありますが、
KT-180のパッケージに入るかは謎です。
むしろ、そこまでする場合は、完全自己責任でお願いします。
 ※目を離さない、使わないときは抜く、を徹底して下さいの意味が強いです。
   そんだけ電源周りのフィルムコンは、大きく作用するという意味ですね。     
   改造推進の意味ではなく、あくまでも例えです。




そんなことより重要なのは、
「KT-180はオーディオ用じゃないから音が悪い」という慣例(常識)があるんです。

でも、KT-180の内部に入ってるバリスタ(サージキラー)とフィルムコンデンサーは、
普通にオーディオ機器の電源の一次側に入ってるんですね。

「サージキラー(バリスタ)」と、「電源スイッチ周り(或いはトランス一次側)に付いているスパークキラー」は、似たようなものです。
そして、フィルムコンデンサーも多くの機器に入っています。0.047μFや0.1μFのフィルムコンデンサーが多いです。

つまり、KT-180の内部部品は、普通にオーディオ機器の中に入っているのと同じモノです。
パナ製とKOA製なので、部品のランクとしては良い方です。

まあ、筐体がチープだとか、端子が無メッキだとか、色々な影響因子があるかもしれませんが、
「オーディオ用」という刷り込みは怖いですね。

「オーディオ機器の中身も、KT-180の中身も、ほとんど一緒」というオチがあるんです。

1万円のノイズハーベスタの方が、スペック的には随分下ですよ。
少なくとも、0.1uFのフィルムコンには、ノイズ除去効果が認められていますから。

https://amzn.to/2BJklmj の内部は、つまり、こういうことですね。500円/個です。
効かない訳ないでしょ。
大事なことなのでもう一度言いますが、1個500円です。
KT-180に直接家電を刺せば、ノイズフィルター&雷対策になります(もちろん、完璧じゃないよ)。
KT180の内部 20181222

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。