FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

ピエゾツイーター(Piezo Tweeter)

Posted by t.ken on   0 

というツイーターがあって、昨年~一昨年頃に、当ブログをご覧の某ブロガー様のページで拝見した機種の中身です。

たまたま同じ機種に巡り合いまして、たしか「載せて良いよ」の旨いただいて、「これを載せていいのか・・・???」と戸惑って、そのまま闇に葬った件です。
もっとも、ブログに載せることは滅多に無く、触れちゃいけない気分のまま伏せておくことが多いです。

しかし、オーディオを語る上で重要な「ピエゾ素子(圧電素子)」について書こうと思ったので、やっぱ載せます。


以下の写真は、TMDステルスの中身です。
20万円~30万円の高級Twですね。
”開けちゃいけない”ことを暗に示すように、特殊ネジで、おまけにピッチがJIS規格外のを使ってんのか?という念の入れようでした。
まあ、そういうのは特殊ドライバーを使わなくても、大部分開けることが出来ます(開ける方法があります)。
ネジも、ネジを切り直せばいいだけの話なんで、普通のJISネジに変えちゃえば良いだけ。

オーディオ機器は、「ブラックスボックス」にしたり、樹脂でモールドしたり、色々やってますが、多くは分解できるということで。
まあ、ICのシルク印刷を消したり、チップ部品を多用されたら特定できないですけどね。

ピエゾツイーター1

ピエゾツイーター2


ピエゾツイーターは、Amazonやコイズミ無線などで売ってます。
1000円前後と、とても安く、見た目はチープなんですね。
マグネットが必要なく、強固なフレーム要らないので、結果的に安くチープな構造でも大丈夫という理由があります。

このピエゾのユニットを特定していたのですが、同じモノは入手できないとしても、ほぼ同じモノは手に入ることが分かりました。
将来的なことも含めた「補修部品」という意味でも、興味があったので調べてたというわけです。

たぶん、ピエゾの構造的に、ユニットを上向きに設置することが理想だと思います。
「ピエゾ圧電子からの振動を、均一に振動板に伝える」という意味でね。

通常のTwのような設置では、振動を均一に伝えることは出来ないと思います。
あくまでも、「補助的なTw」以上の働きは出来ないという意味でもあります。

昔、光陽電気さんのSPがありまして、ユニットの大部分は、リスナーでなく壁側を向いていました。
BOSEの901も、ほとんど後ろ向きですね。
どちらのSPも、結構良いんですよ。もちろん、ピュアか?と言われれば疑問もありますが、結果論的にはOKです。

で、ピエゾTwだけ上向いて(補助的に)付いていてもOKだろうと、結果的にはOKだと考えるようになりました。

このピエゾTwは、ノイズとケーブルにかなり敏感で、ナイーブな代物のように思っています。


さて、そこでピエゾツイーターと言えば、「コーン型」の他に「平面型」があります。

より使いやすいのは、
4千円のピエゾツイーター(平面型)
https://amzn.to/2F4LV0m
4万円のピエゾツイーター(平面型)
https://amzn.to/2F2xLwG
ですが、

当環境では、キレが出過ぎたので、実験段階で手放しました。
リスナー方向に向けずに設置しても、十分変わるということで。

まあ、4千円のピエゾは、見た目もダサイし、リスナー直は少々刺激がキツイ部分があるんで、反射的に作用するような取り付け場所で十分です。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。