FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案 Regarding the incident of an ROK naval vessel directing its fire-control radar at an MSDF patrol aircraft

Posted by t.ken on   0 

日本語版
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index.html

English
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index_eng.html


照射用レーダーではなく、射撃用レーダーであることが明らかですね。
商取引でもそうですが、「信用できない奴等との取引はするな」という鉄則があります。
支離滅裂な感情論で司法まで捻じ曲がる、GDPの小さな、頭のイカれた奴等と国交持っても、メリット無いってことです。

なお、この軍艦は、去年3度EEZ内に侵入しています。
九州に建設中の「日韓トンネル」も侵略に使うことでしょう。


どうせ、ウラン濃縮に必要な「フッ化物」を、日本のEEZ内で「北」に違法な横流ししてたんだろう。
で、核ミサイルに載せて、アメリカ本土を爆撃計画、と。
まあ、「ターゲットは日本」っていうことになってますが、奴等の発想からすれば、「日本の次にアメリカ」です。

頭おかしいから。
対等な関係という概念が無く、「上か下か」という発想だから。


何もかもウソまみれなキチ◯イ相手にしても、何のメリットも無いです。
嘘に嘘を塗り重ねる上に、最後まで認めない国民性が明らかになって、ちょうどいい機会だと思いますよ。
松崎もそうなんですが、最後まで嘘を認めません。こういう不誠実な嘘まみれな方は、日本社会では嫌われるんですが、
TADはそうじゃない。TAD自体が、「居心地の良さを感じる、同胞感」なんだろう。

どんな人物(人であるならば)でも、良心の呵責に耐えかねて、最後は「認めて、謝る」ものです。
それが出来るか、出来ないか、という差は極めて大きく、対応も真逆になるものです。


「火病 hua-byong」という民族特有の発狂病は、ネット上を中心に「デマ」扱いされてきました。
精神医学のバイブル読んでください、乗ってます。
DSM-5の最新版を買わなくとも、DSM-4にも載ってます。
「恐怖症候群」とされ、「恐怖が精神を抑圧し、心身に異常をきたす民族特有の精神疾患」と定義されています。

真実を嘘に、嘘を真実にする国民性、嘘を100回叫べば真実に生まれ変わるという発想が、人として終わってますね。

真実は真実であってほしいものです。



DSM-4TR
https://amzn.to/2FG8l9d

DSM-5でもいいですが、大型本でない場合は、末尾の該当部分が載っているか否か、知りません。
DSMは、大型本で。診断用途でないから、中古で良いです。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。