FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

オーディオと向精神薬

Posted by t.ken on   0 

オーディオ趣味の人には、過去に鬱病になった人と、現在も鬱病の人がいる。

前者の人の中で、とんでもなくポジティブで金稼ぎが上手くて、人当たりの柔らかい人がいるんだが、元鬱病だとは知らなかった。
今になって思えば、その経験があるからの今なんだろうと思う。うまく処理したんだろうね、ホントかしこいと思うよ。良い意味で。

後者の人の中には、セシウムケーブル製造元の方や、何人かの「無名じゃないブロガー」の方々がいる。
みなさんご苦労あってのことだから、「薬を止めろ」とは思わないけれど、聴覚には確実に影響している。
それは論文になっている事実だから、向精神薬や睡眠導入剤の服用中のブログは、参考にすると痛い目に遭う。
その人も、薬を止めたら聴覚が変わってくるからだ。


「手当て」という言葉があって、「手を当てる」と書く。医療行為でも何でもないし、誰にでも出来ることだ。
ちょうど10年前になるだろうか。大事な時期に車に轢かれて、本来なら死んでた。フロントガラス頭で割ったし、その後のことで大慌てになると同時に、とても落ち込んだ。
手の骨折で入院して、術後2~3日だっただかな、若い看護師の女の子が「お風呂入れてあげる」って。
変な憑き物が取れたかのように気分がスッキリして、なんだかとても嬉しかった。

ただシャンプーしてくれて、全身をゴシゴシ洗ってくれただけ。
医療行為かもしれないが、免許が無くても誰にでも出来ること。

そんな行為一つで、心が救われたり、うれしさを感じたりする。
脳はただの電気信号で動いてる。肉体は、「有機物で出来た機械」と言っても間違いではない。

その電気信号は、些細なことで傷付き、わずかな行為で心が安らかになる。


シューマン共鳴波発生装置という製品がある。
「元気が出る、疲れを感じなくなる、エネルギーあふれる」と言う。
「心の満足感を感じる」という声は、聞いたことがない。

「元気が出る、疲れを感じなくなる、エネルギーあふれる」というインプレだけなら、よく似た作用を示すものがある。
それは、覚醒剤。

だから、私自身の個人的感想を述べるなら、シューマン共鳴波発生装置はゴミだと思ってる。
ちょっと感覚的に病んでるとか、精神的に逝かれてきてる状態なら、いいと感じるのかもしれないが。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。