FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

食品原料をバキュームカーで運搬

Posted by t.ken on   0 

泥棒嘘吐き国家が、「日本機に対応するため、戦闘ヘリを飛ばす」と言ってます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-socra-pol
ここまでくれば、もう殆ど戦時下ですね。

まあ元々、高額な金で売春婦を雇ったが、「母国に帰るときに体裁が悪いだろう」ということで、「看護婦」という身分を与えて帰したということになってます。
昔のことをリアルタイムで見た訳じゃないですから、あくまでも「そういう資料が米軍に残ってるよ」という話だけは知ってます。
「決して、美しいとか、欲情をそそられる外観ではなかった」という記載もあるそうで。

過去の話は過去の話で、誰も実際に見たわけじゃないから、正確性に欠けます。
「全ての情報が揃っているわけではない」という意味で。

しかし、今回リアルタイムで見たんで、ハッキリと国民性を理解しました。
「喧嘩をふっかけ、脅威を与え、被害者ヅラし、言いがかりをつけ、嘘を言いふらし、謝罪と賠償を要求する」という国民性です。
この姿勢がヤクザ国家の超反日思想に染まった国民たちに支持されているんで、99%そういう思想の集まりです。

過去の問題も、同じパターンで捏造されてきた。
そして将来は、日本で就職した反日国民とその子孫達が、雇い主の企業相手に訴訟を起こし、反日裁判所が全面的に勝訴させるという筋書きです。

クズすぎます。こういう奴らは日本人にも稀にいますが、松崎の発想そのものです。
その発言を聞いた評論家は、絶句したわけ。


昔から、各国には「取扱マニュアル」があったそうで、その一節には「衛生観念の概念がないから、食事運搬用の清潔なバケツと、掃除用バケツの違いを教え込むこと」という記載があります。
過去のことなんで、嘘か本当か定かではないですが、どうやら事実だったようですね。


ニュース「バキュームカーでキムチ原料を運搬」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190128-00000001-pseven-kr
「日本向け食品には、唾や痰を入れ、犬の糞が付いたままの白菜を使って、そのまま出荷する」と言われてきました。
実際に、税関で大腸菌汚染が判明した量は、とてつもなく多く、送り返されています。
その原因は、「不衛生」「衛生観念がない」なだけじゃなく、日常的に「バキュームカーで食品を運んでいた」からでした。


私自身は、韓国産食品は口にしません。
また、韓国産工業製品は、買いません。
中国製スマホやネットワーク機器を買わないのと同じことです。

食品でも工業製品でも、「どんな仕様のモノか」は、作った本人しか知りません。
まして、超反日なんて、悪意が込められていないはずがないからです。

松崎の店(和歌山・岩出)は、中国人留学生が多数出入りする環境で、顧客名簿を「誰もが見える場所にわざと放置」していたので、情報漏洩はさることながら、「深い意図」を否定できない部分があります。
オーディオ屋の顧客は、その何割かが裕福なはずですから。

松崎は、OPPOのネットワーク機器もお勧めしまくってましたが、ネットワーク機器やUSBで接続する機器は、信頼できるメーカー以外使っちゃダメです。
知ってる人も多いと思いますが、ネットワークに「脆弱性のある機器」を入れると、そこが弱点になります。
ウイルス感染、バックドア、攻撃の踏み台、情報漏洩、等々の原因になります。
また、USBは、刺した瞬間に自動でソフトウェアがインストールされる(させられる)規格です。

ネットワークオーディオ製品のレビューで、最近「潔いくらいオーディオ再生に特化したネットワークオーディオプレイヤー」といった評論を見ました。
インターネットの世界における世界中のネットワークは、ゴミのたまり場で、膨大な不正パケットが流れてます。
悪意を持ってる奴ら、多数居ます。

そのネットワークオーディオプレイヤーは、「丸腰で紛争地帯に入る」ようなもので、セキュリティー面では最悪です。
一番大事なのは、そういう部分だと思うんですが、「言葉は使いよう」、欠点を美点かのように言ってしまう欺瞞話法に、騙されないようにしましょう。


一方から拒絶された友好関係は、存在し得ない。
一方から拒絶された未来志向の関係も、有り得ない。
互いに信用と信頼の上で、いかなる関係も築いていく。
関係性の重みが増すほど、信用と信頼が重要になる。
当たり前のことですよね。

誤解が生じれば、直ちに誤解を解かなければいけないのも、関係継続の為には当然のこと。
過ちを犯せば、直ちに反省の弁を伝えるのも、当たり前のこと。

「こんにちは」と挨拶したら、ブロック&中傷してきたのが→評論家で、
大事な話の最中に割り込んで「因縁、恫喝、被害者ヅラ(広義の意味での慰謝料払え)」とやってきたのが→松崎です。

そんな経緯ですが、子供でもあるまいし、謝る気があるんなら、数日や数週間後には謝罪に来るって。
それが出来ない人間は、まあ、韓国と一緒です。

「泥棒が嘘ついてるだけ」と言われて激怒してるところなんて、そっくりだ。
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%80%8c%e6%b3%a5%e6%a3%92%e3%81%8c%e3%81%86%e3%81%9d%e3%80%8d%e7%99%ba%e8%a8%80%e3%81%ab%e5%bc%b7%e3%81%84%e9%81%ba%e6%86%be%ef%bc%9d%e5%9b%bd%e6%b0%91%e6%84%9f%e6%83%85%e5%88%ba%e6%bf%80%e3%81%a8%e9%9f%93%e5%9b%bd%e6%94%bf%e5%ba%9c/ar-BBT1VID

謝罪っていうのは、一種のケジメだと思ってます。
それが出来ないから、嘘の上塗りを重ねて、心の奥底から腐っていく。
自然界の法則では、
1)腐りきる場合と、
2)発酵する場合と、
どちらか2つに大別されます。

つまり、「選べる」わけです。

オーディオの世界で、3人腐った奴を知ってます。
評論家(たち)と編集長萩原(たち)と松崎(たち)の3人(3組/3グループ)です。
こいつら全員、選択を間違えて腐りました。
年単位放置して選択を間違えたんだから、そもそも終わってますけど。w



まあ公的売春婦だったとしても、おいらは御免です。
昔、兵隊さん相手に仕事をしてくれたという形であっても、それを日本人一括りで考えられるのはイヤですね。
ブサくて、心も醜いのなんて、金もらっても抱きたくない。
嫌がらせか罰ゲームの類だろう。

韓国がギャーギャー喚くほど、「んな不細工抱きたくねえだろ、侮辱するな」という気持ちになります。

昔、実際の裁判で、弁護士が「こんなババア襲いません。有り得ないです。」って弁護した事案がありまして、本当に「自称被害者」が醜かったそうです。
結審は「無罪」だったそうですが、男として思うのは「ブスババアを襲った」なんて言われると、非常に傷付くわけです。
なお、これは最高裁判事が当時弁護士時代に受けた案件です。

ごもっともなんですよ、男性心理としては。
興味の欠片もない女性が、その辺に裸で立っていたとしても、何とも思わないです。
醜ければ、視界に入れません。

おいら、間違って女性車両に乗ったことありますけど、ギャーギャーうるせえのは、不潔感たっぷりのババアです。
身なりが整った普通の女性とか、美人ちゃんは、「あ、間違ったのね、しゃーないか」って感じで、気にもとめません。
ブスババアほど、女性の権利を振りかざしてやかましいんで、言われる方も不愉快です。

「お前に言われたくねえんだよ!」って。

おいらだけじゃなくて、セクハラとか痴漢とか、公にしてギャーギャー喚くのは、不細工なババアが多いです。
生徒のババアにそれをやられて、「お前なんか襲わないだろ」とブチキレた教員が2人いて、怒り心頭で辞めた実話を知ってます。

こんなことを書くと一部から反感を買うかもしれませんが、男の心理も分かって下さい。
襲うはずもない相手から、「襲った」なんて言われると、ムチャクチャ不愉快です。
「自信過剰もいい加減にしろ、鏡を見つめて考え直せ」なんて、思っても口に出来ません。
言ったら今度は「セクハラだ」と喚きます。

ブスっていうのは、顔だけじゃなくて、心のブスも含むんですね。
そして、なぜか顔と心は相関している。

こうやって男の心理を吐露することで、不愉快さを感じる女性も居るでしょうが、
本当に、男としても不愉快な事ってあるんですよ。

男だから、ミニスカートを見てムラムラしたとか、下着が見えて興奮したとか、一括りにしないで欲しい。

こっちだって、興奮する相手を選びます。
「不愉快な場合」っていうのも、多々あります。
ハッキリ言って、ブスの自信過剰です。

権利だけ喚くキチ外ババアと、ロシア美人がいたら、100%の男はロシア美人を抱きます。
権利だけ喚くキチ外ババアだけが複数いたとして、何%かの男は、手を付けないと思います。

もし、「兵隊は男だから」の発想だけで、「皆が喜んだ」と思われるのなら、それは男に対して失礼であると思いますね。
「日本人はゲテモノ好きだ」と世界に向けて発信されているようで、毎日毎日が、とてつもなく不愉快でした。
さすがに我慢の限界です。

というか、政府は、「んなブスを抱きたい男は、うちの兵隊にはいない」くらい言って、突っぱねたらいいねん。キチ外クレーマーなんだから。
君ら、あれらの写真を見て、誰一人も抱きたくないだろ。
俺もイヤだ。
もし世界に2人しかいなくても、子孫を作らず、絶滅する道を選ぶ。
生理的に無理。

職として存在していたとしても、「誰にも見向きもされない日々」が無かったと言えるのか?
奴らの思考回路をリアルタイムで見ていて、よく理解できた。
「一ヶ月に2人ほど、我慢できなくなった兵隊の相手をした」という話が、「1日30人の相手をさせられた」という話に入れ替わる。
「ブス過ぎて見向きもされなかった」という話が、「次から次へと、誰も離してくれなかった。重労働だった。」という話にすり替わる。
何もしてないけど高給貰ってた可能性すらある。
それほどまでに根っからの大嘘つきだ。

こんな奴らとの関係性は、次の世代に残しちゃダメだろう。
綺麗さっぱり切らないと。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。