FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

音作りの段階的着手

Posted by t.ken on   0 

実際に何をするか?という話になると、一般的なものとしては、
コンデンサー交換、抵抗交換、オペアンプ交換、ダイオード交換(チップダイオード、ブリッジダイオード含む)、IECインレット交換などで、約50%の作業に相当すると言えるだろう。
これは、同じことをするだけなら、誰でも?出来る。同じ音になる保証無いけどな。(爆

まあ、あくまでも部品を指定すれば同じことが出来ますよという話だけで、出来上がる音はきっと違うはずだけれど。


それよりも面倒だから、滅多にやらない作業に「内部配線交換」がある。
小さいコネクタを両端に持つ内部配線の交換だ。
これは、色んな意味でめんどくさいから、先ほどのAMP&DAC比較記事のチューン内容には入れてない。配線交換しない状態のフルチューンを100%と仮定している。
変化幅はそれなりにあるが、自分のはあまりやりたく無いからだ。単純に手間の問題。

そこから先の50%は、たぶん殆どの人が出来ない作業になる。
ノウハウを知らないという前提はあるけれど、作業的に「無理」という領域に近付くからだ。


まあ、いずれにしても、部品レベルでの「調整」作業は、絶対音感が無ければ出来ないです。
男耳とか女耳とか、そんなことは、ハッキリ言っちゃえばデタラメに近く、女性の耳の方が参考になるのは、脳の構造よりも「先入観(潜入知識)が無い」ことに起因する。

コンデンサー、何それ?
オペアンプ?んなの知らんし。
オーディオアクセサリー?効くわけないやん、あんたアホやろ。鴨にされてるで。
という前提があるから、「客観的に判断できる耳」という側面を持つわけだ。

もちろん、小さい頃からピアノ弾いてるのは、圧倒的に女の子が多いという理由もあって、
彼女たちは幼少期に絶対音感が身に付いている。
おいらも偉そうに言ってるように、オーディオの音がズレてるなんて致命的だ。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。