FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

「考え方」の違い

Posted by t.ken on   0 

オーディオ機器周りだけのノイズレベルを下げるという考え方もあれば、
部屋/家全体のノイズレベルを下げるという考え方もあります。

オーディオの主流は前者で、t.kenは後者です。


ノイズは好ましくない存在なので、「癌(ガン)」に例えましょう。
原発巣が家のどこかにあって、
「オーディオルームに転移した癌だけを取り除こう」という考え方が前者、
「癌細胞は血液中も流れているから、全体から細胞レベルで取り除こう」という考え方が後者。

で、かかる費用は一緒。
どっちを選びます?という簡単な話です。


もし、私が理想のオーディオルームを作るなら、真っ先に部屋全体を「電磁シールド」します。
耳には聞こえない周波数のはずですが、シールドルームは極めて静寂です。

MHz, GHzレベルは、耳に聴こえませんが、シールドすると「静寂」を体感できます。
病院の筋電図室、脳波測定室、これらはシールドされているので携帯の電波もカットされます。
電波の入らない田舎には、なんとも言えない「しーん」とした空間のノイズレベルの少なさが感じられますが、それと似ています。
自分の住む空間のノイズフロアは、限りなく下げた方が良いと思いますよ。

感覚器のS/Nの検出限界が上がるような気すら感じられます。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。