FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

りんくうアウトレット

Posted by t.ken on   0 

に、「ゼニア」あったんですね(リニューアルらしい)。

2019062700303390c.jpeg


何年ぶりに、ここに来ました。
昔、このアウトレットはミント系の香りに包まれていたんですが、
今はニラ?下水?のような臭さが溢れ、ひどいもんです。

COACHのバッグは、だいたい4万円。
スワロフスキーの値段知りませんでしたが、ホンマに安いです。

ブランド物に全然興味無いんで、値段も価値も知りませんでした。
実際、メンズコーチの革の匂いは、ちょっと質が悪い気がします。
たぶん、女性物のコーチより、ランク下です。


自分にとってのブランドっていうのは、あくまでも「着れるか(物理的に身体が入るかどうか?)」の意味です。
評論家あさくら御用達のBIGLUEDUEは、自分が着れる一着ですが(実際は何着もあるけど)、カットラインが、どっちかっていうと中年向きに近い部分があります。

昔買ったアルマーニは、GIORGIORもEMPORIOも、年齢と共に肩幅が変わって着れなくなりましたが、
アウトレットでサイズチェックしてみると、「サイズアップすれば着れる」ことが分かりました。
といっても、アウトレットスーツは、買ったことないですが。

まあ、無難なのは、やっぱゼニアです。
身体が入って、カットラインが綺麗なのは、自分の場合ゼニアですね。

現時点では、上下ともに着れるのは、ゼニア、アルマーニ、ビリュードゥエの3ブランドだけなので、かなり問題があります。
値段的に、、、ね。
もっと、「破いても傷んでも、懐が痛まない」ようなスーツが無いんですね。


販売員の皆さんは、体型を見て、全員1サイズ〜2サイズ小さいスーツを持ってきます。
大きいかもしれないけれど、と言って、現実のワンサイズ下を持ってくるわけです。
「それ入らないよ。」って言うんですが、試着して、肩すら入らない光景見て、そこでやっと「えっ。。。」となります。
今の日本人の体型が、細過ぎるのか?自分の体型が変わってるのか?何とも言えませんが、
百貨店でもアウトレットでも、スーツの専門店でも(青山、はるやまは、そもそも着れないので行きませんが)、プロの「目測メジャー」でも誤判定される自分の体型です。


そういうことは、稀ながらあるわけです。
車とか、スピーカーとか、目測のイメージ上の大きさと、現実のサイズが乖離したりするわけですね。

自分の場合、例えば「スピーカーを買おう」と思ったら、ダンボールで原寸の(簡易的な)模型を作ります。
で、部屋に置いてみる。
その一手間が、結構重要だったりすると思っています。

一部分だけじゃなく、「全体のスタイルで体型を判断している」と言ってましたが、
デザイン的に、そういう製品もありますよね。

「買ってみたら、超デカくてジャマ」とか、最悪です。
面倒でも、ダンボールで模型作った方がいいと思います。


安いオーダースーツか、ゼニアが結局の答えになるんでしょうけれど、
一番フィットしてたのが50万の(高い方の)ゼニアだったので、何とも、、、ですね。
んな高いスーツ買えませんから。

高いイタリア物なら入るのか?と思ったんですが、トムフォードは苦しいんですよね。
よく分からないですが、何でも着れるスタイルの人が羨ましいです。

自分にとってのブランド物の意味って、そんなもんです。
着れるか着れないか。
「どれを選ぼうか?」という悩みは贅沢ですね、選択肢が無い者からすると。

まあ、先日、ジャケットを着ようと思って破いてしまったんで、適当なのを探しにきたんですけどね、、、

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。