FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

これ、どうよ

Posted by t.ken on   0 

http://blog.livedoor.jp/let_music_rule/アコースティックラボ

情報の真偽は未確認だが、
1つ確定しているのは、
「正規ルートで、あれだけ頻繁に反復PRを続けてもらう」と、
とんでもない金がかかるということだ。

オーディオ雑誌の見開きカラーで、だいたい200〜300万くらいするよな。
白黒でも1ページ使えば、普通にアキュのアンプ買えるし。

そういう広告費は公開されてるから、各自確認すれば良い。

「正規ルートで」そんだけ広告費を打てるということは、そもそも粗利がメチャメチャだってこと。
暴利がどーーんと載ってます。w


ちなみに、松崎が、「粗利がバカデカイから、みんな売りたがる」と言いふらしてたのは、KEF
豆知識です。w


なお、も1つ追記するならば、
評論家Mが学生運動にお盛んだった件は知らなかったが、
親友の は◯だ は、子供の頃から運動家たちの中で育ってきたんだよな。

で、癒着してきたレコーディングスタジオは、今はもうしれっと名が通っているけれど、
とんでもなくキンキンカンカン五月蝿い爆音系難聴サウンドで、
過去最凶の拷問だった。

今思えば、完全に高域難聴だろ。
あれはひどい。

まあ、権威のように実績が付いてしまうと物事の判別は付かなくなるが、
B&WやPMCのような「音楽の美味しい部分もありのまま魅せるモニター」ではなく、
耳元でサックスを吹かれ、真横で松崎のババアが「800万円よこしなさいよー!!!」とキーキー喚いているような、
耳を塞ぎたくなる品性の無さ。
音も酷いが、野生的で野蛮で、あまりに知性にかける音だった。

あんな音、たまに聴くだけでも精神がやられ、ノイローゼになってしまう。
例の評論家の耳を疑う確信的理由になるには十分だった。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。