FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

世界観の表現

Posted by t.ken on   0 

音を作る仕事の良さは、世界観を表現できることだと思っていて、
一番の良さは「自分の理想の世界を作れる」ことに他ならない。

対極的な世界は、出来の悪いFostexユニットを駆使して自作するような世界で、
例えば「スワン」とか、全く魅力を感じない。
あんなダサいものを部屋の中に置くとか、拷問レベルだ。

Fostexは「ダメダメ三冠王」を達成しているから、
メチャクチャ特性が悪い、
設計者によって技術の認識が異なり共有されていない、
と知り、「やっぱりな、ポンコツFostexで間違いなかったか。」と認識した。


基本、見た目が大切だと思っているから、カーオーディオも見た目は純正そのものでやっているし、
ホームオーディオも純正の意匠を大切にしている。

ディーラーは、俺の車の配線を触りたくないと言ってるが、
純正に完全に同化した配線として引き回していたりするから、当然でもある。


なぜt.kenという仕事名でやっているか?の理由こそ、
1) 業界の水準が著しく低俗低レベルで
2) 何をやっても自分の理想は得られない
ことに他ならない。

であって、音楽という存在が、自分にとっては非常に重要であるからだ。
「生(生きる)」の中で自分を満たすためには、その条件をクリアしなければならない。

他力本願では、何百年経ってもダメだと気付いたなら、自分でやろうという結論になった。


マニアの常「永遠の欲求」も無い。
満たされているし、今後どうすればいいか分かっているから。

「欲しい」と思うのは正常な心でも、
「冷静な判断ができる」かどうかで、変わってくる。


「ノーチラス802からsystem7に変えた時くらい、来ていただいて変わりました!」とか、
「ソウルノートの一番高いdacは殆ど変わらなかったんで、著しくコスパ悪いです」とか、
もっと刺激的なことを仰る方もいるけれど、

この音の世界を仕事としてするならば、それくらいの水準を提供できなければ、失礼というものだ。
「セッティングが大切」などと言ってるヤツは、ど素人(言葉を借りる。爆)だと思っている。

t.kenの仕事では、セッティングなどやらないから。
皆さんに言ってるんですが、レーザー測定器などを買って、好きな場所を探してください。

「だいたいこんな感じで設置した方がいいですよ」とは言います。
でも、奥さんが掃除したらズレるわけです。
そんなことに対価いただくのは間違ってますから。

掃除後に、各自再セッティングしてください。
それが一番です


でも、念のため言いますが、
部屋のコーナーを使ってセッティングするのは最悪ですから。
20190909011006c2d.jpeg
左右の一時反射音の違いや残響特性が変わります。
分からない方がおかしいくらい、変わります。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。