FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

客層

Posted by t.ken on   0 

おいらのクライアントの層である。
システムの総額は、およそ2000万円以下。
それ以上のクライアントはいない。
アヴァンギャルドは無いし、音楽家もいない。
(訂正: タンノイのフロアSPを粗大ゴミに出した人がいた。ピアニストだが、知人枠の認識だった。)
(そのタンノイは、中古市場でも数十万円の品で、別の音楽家が「音が悪いからタダであげる」と言い、手放した経緯がある。本当に音が悪いので、そのまま受け取り先でも捨てられたという経緯。)


ただ、オーディオ雑誌に載って喜んでる音楽家は「要らない」のである。
みんな喉から手が出るほど、客として欲しいだろ?
俺は要らない。

オーディオシステムの音は、基本的に「狂ってる」。
調律出来ていないピアノを弾いて喜んでいるようなエセ音楽家は、要らないってことだ。

オーディオシステムの音が「狂っている」と素直に発言しない、偽物たち。
「本当はわからないんじゃ無いか?」という疑惑すら浮かび上がる。

おいらにとってのストレスは、「狂った音を聴かされる」ことだ。
この違和感たるや、かなりのイライラを感じさせる。


ハッキリ言うと、基本的に、どこのメーカーも狂ってる。
比較的マシなのは、テクニクス、エソテリック、アキュフェーズであるが、
やはり固有の弱点(領域)が認められる。

テクニクスは1kHz近傍、
エソテリックは位相、
アキュフェーズは微妙にズレている。音階一つの15分の1くらいか。

ラックスマンあたりは、完璧にメチャクチャおかしいから、述べるまでも無い。「オブジェ枠」の認識だ。
MBSは、俺にとってはガラクタ。あれを好むのは、精神を病んでいるレベルだと思う。
TADなんて、もっとヒドイが。w
カッチカチやで、って。ww
あんな音を好むのは、よっぽど毎日ドヒマで刺激が無いのか。
ほとんど窓際族、みたいな。
あんなヒステリーな音、家に置きたく無いわ。w


「高ければいい」って思うのかもしれないが、
例えば、ムチャクチャ高い繁華街、大阪の北新地。
超美人だが、日本人じゃ無いとか、よくあることです。

日本人でも、性格がおわってるとか、よくあることです。

躓いた石ころにケンカを売り、電柱に当たれば電柱に怒り出す、
そんな北新地の娘がおりまして、困った親は、俺に押し付けようとしました、とさ。

おいらは、キャバクラ(安いな!って突っ込まれそうだが)とか行ったことないので、
どんな店でどんな料金なのか知らないんですが、
北新地の娘は何人も知ってるので、おおよその現実は分かります。(爆

北新地レベルでは刺青入ってないですが、
ランクダウンしていくと刺青入ってます。巨大な般若とか。(爆
みんな現実知らないんです。
そういうものです。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。