FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

欲しいものは限られる

Posted by t.ken on   0 

自分が欲しいものは沢山あったが、いつのまにか無くなっていった。

モノの価値を見出すことが出来れば買うが、そうでないものには全く出費しなくなった。


カメラ熱も飽きたし、天の川も撮影できたし、
今の天体用レンズでは「レンズの性能限界」に当たるので、
Sigma 35mmF1.4を買わない限り、どうにもならないって分かったし、
年1〜2回のために7万近く使えるかというと、それは却下に近い。

欲しいスピーカーもオーディオも無いし、
どうせ改造しないとグレードを満たせないって分かったし、

隼1300欲しかったけれど、値段上がりすぎた上に二台持ちは不可能だし、

大型バイクと車の駐車場代を考えると、大阪市内に移ることは不可能だし、

年間走行距離が多過ぎて、Jaguar XJ欲しくても、短期間で資産価値ゼロになるし、
壊れた時の費用が払えない。


こうやって欲が削がれていく。
元々、無理なものを無理強いしながら手に入れる性格じゃないし。

例えば、日本に代理店が2つしかなく、大阪と東京だけ、って感じで、
大阪在庫ゼロになりました。
東京店舗にてお買い上げください、って言われたら、行かないもんな。

入手のハードルが上がったら行かないし、欲しくないし、他の探すし。


還暦過ぎても延々と物欲まみれな人を見てると「元気だなー俺にはムリ」って思います。
おいらの分も稼いで、その分納税し、国に貢献してあげて欲しいくらいです。

皮肉でなく、本当に。


オタたちは、機材代を捻出するために、平気で数ヶ月カップ麺生活とかするが、俺にはムリ。
そんな舌に出来てないし。

洋服代を削り、謎のチェックシャツ軍団が居たりするが、到底真似できない。
冬は、革かカシミヤかナイロンしか着ないし。

イオンのスーツで費用を浮かせるのも、ムリ。
サイズ的に、ゼニアかビリューデュエしか着れないし。

みんなローコストで済んでいいよね。

「努力限界」というものがあって、ムリなものはムリなんです。

やっぱね、変な部分をケチりまくると、音まで貧乏臭くなります。
ぼったくり成金オーディオ業者は問題ですが、それらの音は「総じて卑しい」のですぐに分かります。

音の判定基準に「卑しさ」って入ってないんですか?
おれは、入れてますよ。
「卑しい、いじましい」、最悪です。
ハイエンド感の良さも消えちまう。


低域が高域が、と同じくらい低い基準は「音楽が〜」であると認識していて、
音階の正確性とリズムと、正確な倍音表現(ハーモニー)が伴わない限り、
「音楽」の表現はできないだろ、と。

装置のグレードに伴い試聴音源を変えたりしますが、そこそこ良い感じに行った時は、
当然「Cantate domino」です。


Holy Night / Cantate Domino


にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。