FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

「嫌いの意味」が違う

Posted by t.ken on   0 

重要なことなので、初掲載になりますが書いておきます。
皆さんが「嫌い、ひどい」と感じる音の評価基準と、
自分の評価基準が違うこと、これが大前提にあります。

極端な話、自分の場合、「音」としては成立していても、別の部分でダメなら最悪と評します。
もっとも、そんな例外は、まず有り得ないんですけどね。


以下、評価基準です。
1) 嘘、虚偽を感じる音
2) 捏造、虚栄
3) 欺瞞、騙し
4) 不誠実
5) 虚偽
6) 自己保身
こういうのは、音として出てくるんです。
滲み出る「卑しさ」、アウトです。
卑しく、下品で、安っぽい、だから最悪なんです。


こういう輩、チンピラ、ヤクザは、基本的に謝らないので、
いつも言ってるように「謝れるかどうかが鍵」になります。

村井さんは、やってることがまるでヤクザなチンピラでしたから、
当然謝れるわけがなく、俺の住所も連絡先も知っていながら、
謝りにくることもなく、死んじゃいました。
葬いはしますが、消えたのは必然で、良いことだと思っています。


彼は、俺の住所も何もかも知っていたので、菓子折り持って謝罪に来れば、
違った未来が開けていたんですね。

社会通念上の普通のことを守れないのは、やっぱりアウトってことなので、
俺は徹底的に毛嫌いします。当たり前のことです。

で、限界を超えると、叩き潰しに行くわけですね。


俺はアホヅラで、相当マヌケに見えるらしく、
ある時は保険屋の中年ババアに「なんで横に避けなかったんですか?車は真横に動けますから、当たったのは100%あなたの責任です。」って言われました。
おいらは、船と飛行機以外なんでも乗れますが、真横に動ける車はありません。
前輪後輪いっしょに舵を切ることや、「斜め移動」することは可能なんですけどね。

あの時も、支店長が謝罪に飛んできて、中年ババアは飛ばされて、大変だったようです。

俺が官庁巻き込んで暴れる時は、最悪の事態が目前に迫っているサインで、
泣き落としが通じるなんて思わないほうがいいです。
認識の乖離があって、事態を甘く見積もる奴は、バカですね。

みなさん、顧問弁護士を解任したこととか、あるでしょ?いい歳なんだから。
「現時点をもって解任、30分以内に完了させること。」とか。
あいつら、最後は泣きついてくるんですが、解任は解任です。
弁護士事務所全員の連名で判押して、解任通知書を送ってくるのは、相当な恥ですよ。

梅田のカッシーニ置いてる悪徳事務所ですが、俺にとっては使えない奴は要らないんで、
俺の弁護士は優秀なのを揃えてます。


ちなみに、サウンドライン松崎は、弁護士と本人がやりあったらしいんですが、
「内輪ごと」を「家は事」と書くくらいなんで、ほとんどコメディーです。
おいらは、弁護士相手でも普通にやれますが、ね。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。