FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

申し込みや、お問い合わせ等全般に関する連絡先について(一部変更)

Posted by t.ken on   0 

HP編集用PCが大阪にない為、ブログにて先にお知らせします。
変更点についてです。
尚、現状利用のメールアドレスは今後も使えます。

1) 業務専用の携帯番号を取得する予定です(公開します)。
2) メールアドレスは、gmailを再取得し、そちらをメインにします。
3) お問い合わせ等の受付は、電話も可能にします。

移動距離が広範囲過ぎること(いつもPCを持ち歩いているわけではない)、
連絡の手段が限られること、
緊急事態に対応して欲しいという要望も若干数あること、
それらのニーズに応える必要性が出てきたからです。

また、当方のクライアントの中には、
「ブログ程度は観れるけど、それ以上は苦手」という方も多いですし、
実際に「ブログ書いて発信する立場」の方は、ほとんどいないです(把握する限りでは)。

まあ、10年以上遡れば、
「何のためにブログを書くか?」という目的がありまして、
「特定のガレージメーカーのユーザーとしてPRする」という役割がありました。
村井さん死んじゃいましたが、彼は初期から知っていることです。
彼がマッキンのアンプを使い、部屋の防音工事をする前からの付き合いです。
専属評論家になる前の(業界をオカルト詐欺まみれにする前からの)知人であって、業界の構築を見てきました。

当時あった「秘密の裏掲示板」の数少ない入室者の中の1人が私で、
ログを持っていますが(爆弾発言かなー、ははは)、
現在、知名度のあるレクストも、マイ電柱屋も、インフラノイズも、私たちみんな「秘密を共有した仲間」です。(爆

だから、ブログを発信する意味合いは、ブログの意味「日記」では無く「広告」なのです。
製品をタダでくれて、その代わりブログに書いて、ユーザーを装う(サクラ)も、当たり前です。

うちのクライアントにブログで発信する人が居ない理由も、
ブログの成り立ちを知る人にとっては、納得できることでしょう。

ブログとサクラが、今のオーディオ業界を作りました。
潰したい相手を村井さんが公然と叩きに行って、仲間たちが世論を誘導するのが当たり前だったのです。
そこに「音響工学」や「耳鼻科学」などの根拠は、全く無かったのです。
「銭儲けのために、商売敵をぶっ潰す」のは、当たり前でした。

富士通テンだったかどうかは忘れましたが、彼が評論家特権を悪用して潰したメーカーは、大小あれど幾つもあるはずですよ。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。