FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

令和は、羽田にとって「良いことづくめ」じゃないか?w

Posted by t.ken on   0 

設立当時からの裏事情、
だけでなく、

「げげげ」誕生のさらに前、
「きさ研」のもっと前で、
ある薬剤師と一緒に動いていたあの頃からの、
大江戸商店街(オンラインマネー)とか、ネズミ講に手を出して、
ぞんび◯しみず氏らとサーバー屋をやって、
生きていくことに必死だった(金銭的に)頃からの裏事情を
オーディオ界で唯一知っているおいらなんだが、

そんなおいらは、体に爆弾を抱えていまして、
一昨年からの強いストレスで、確実に寿命は縮んだだろう。

令和は厄災だと言われているが、
羽田たちにとっては、恵みの雨のようなもの。

船井総研に「フーチ振ってんの?」って聞いたら、大きな案件捨てて逃げたんだが、
羽田は糖尿病の振戦でフーチを振れないから、
視界の斜め上あたりに存在する「ヴァーチャルフウチ」を振っているらしいことも、
知っている人は知っている裏話である。

俺には、「飛蚊症」に思えて仕方ないんだが。

だから、製品開発もメンバーの誰かが担当しているだけ、というのも、
これまたおおやけにならない事実であるんだが、
メンバーや愛用者が、不慮の事故や原因不明の病気によって死亡あるいは死んだも同然になることも、
みんな知っている実話である。

ちなみに、本物のフーチは、もう二度と作られることはなく、
羽田らが今使っている物も、入手先として勧めている物も、
古◯のも全部、言葉は悪いがまがい物です。


世の中には、誰とは言いませんが「幽体離脱して音を聴きに来る人」がいたり、
何でもありです。
言うまでもなく、羽田よりも、こっちの方がずっとヤバイです。w
誰とは言いませんが。w

羽田が出来るのは、せいぜい模造品を作る程度。
おいらがプロトタイプで使ったケーブルの外被を、そっくりそのまま、げげげが使って売り出したので、
雑誌に載った写真を見て呆れました。
未だに「昔と同じ開発方法をやっているのか」と。

あ、つい言っちゃいましたけど、
「この世で一番良い音がするケーブル」というのをチャネリングして、
「どこのあたりの、誰が作るのか」を探索して、
高次元的に泥棒する(権利ごといただき)のが、昔からのやり方です。

ぶっちゃけますと、彼らは「ミチ」「ストーリー」って言いますが、
羽田がオーディオ業界に関わったり、製品販売をするミチでは無いんです。
「オーオタはバカだから、ゴミみたいなものに大金を出す」と飲みながら話すので、
知っている人もいるでしょうが、オーディオ業界に参入した動機がそれです。

まあ、時効なんで言いますが、おいらが未成年の頃、恵比寿で恵比寿ビール飲みながら話してました。

「良い製品」というものを世界中からチャネリングで探して、
同じ音がするとか、ソレそっくりになるように、盗むんですよ。

ちなみに、おいらが、もし例えフーチを振れたとしても、やってないですよ。
あれは、確実に人生も精神も破滅一直線に進ませる危険な道具なんで。
チャネリングとは違います。
たぶん、村井さんはフウチ振ってましたけどね。
レクストの西野夫妻は、確実に振ってましたけどね。

話を戻しますと、その為、本来その製品を世に生み出すはずの人のミチやストーリーが奪い取られて、
その人のすることがなくなってしまう。人生が狂うんです。
破壊度合いがひどいので、調整不可能になって、死んじゃいます。

それが、げげげの成り立ちです。
今のメンバーや信者たちは、知ってるんですかね。
きっと知らないでしょうね。


精度は中国のスーパーコピー以下ですが、断片的に「被る」からタチが悪いんですね。
もちろん、見た目が似ているとか、そういうレベルです。

世の中には、スーパーコピーに近いレベルで持っていく人がいるので、
羽田なんて、足元にも及びません。w

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。