FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

パンデミックです

Posted by t.ken on   5 

厚労相が、事実上の国内流行を認めました。
海外から、邦人の入国を拒否される流れに進むものと思われます。

さて、現時点で、深刻と思われるエリアです。
1) 和歌山
2) 東京
3) 大阪
4) 沖縄

1)は、医師が感染して、医師を介した二次感染、三次感染が確認されている通り。
和歌山医大の医師の行動範囲からして、広範囲に拡散した上、和医大内部には当然「お持ち帰り」されています。
大阪の泉南済生会にも持ち込みました。
実際、和歌山の2次以上の医療機関は、「陰性と出ても怪しい」状況下と判断されます。
それは、内部に挿入されたレトロウイルスの特性に基づく理由によります。
県知事の「風評被害だ、感染者はいない」「院内感染は絶対ない」と発言した後、「発言こそデマだった」事実が広がっていることで、まあ大変なことかと思います。
和歌山の医療機関が、当方に何をやったのか、しっかりと反省してください。

2)は、人口密集地であるから、に尽きます。
和歌山のように、プライドが高く、モラルが皆無で、バカじゃないだけマシだと思いますが、ネックは人口の多さと、交通機関の密集にあります。

3)も同じです。
空港経由、そして和歌山の医師が「持ち運んで来た」ので、「山を越えて出てくるな」と。

4)は、うるさそうなので書きません。


まず、感染源とされるウイルスが、コロナウイルスとレトロウイルスの混合であることが重要です。
レトロウイルスの専門家は、国内にいません。
当方が医学博士を取得しなかった理由が、これでした(専門家がいない)。
レトロウイルスが挿入されたコロナウイルスの臨床像は、コロナウイルスとは非なることが確認されています。
それは、レトロウイルスのウイルスゲノムが、タンパクに翻訳され、塩基配列通りに動いていることを示しています。

つまり、「HIV混合性肺炎」といえるものです。
今回のコロナウイルスに挿入されたHIVのgp120は、ウイルスの細胞膜に存在するレセプターであり、HIVの感染で重要な役割があります。
それは、ウイルス防御システムの脆弱化を引き起こします。
世間で認識され(医療従事者含む)るように、HIVの感染力は低くありません。

感染しても、感染直後の1wか、死ぬちょっと前以外には陽性にならないんです。
それがレトロウイルスの特性です。
偽陰性が大量にいるんです。
この判定法なども、私の専門分野です。

今回の肺炎は、HIVのgag遺伝子による「免疫不全」を発症します。
感染能力は、HIVのgp120由来と、極めて高いです。

ここをご覧の方は、メディアや政府系の発表に騙されないように、と思います。
国内にはレトロウイルスの専門家がいないので(浅知識の専門家はいるでしょうが)、
レトロウイルスの持つ特性や性質を理解していません。
今回の流行の原因です。


また、国立感染症研究所などは、Real-time PCR(RT-PCR)で検査をしていますが、
Reverse-transcription PCR(RT-PCR)で検査すべきです。
シーアイエー様の特許「エボラの分離抽出方法」に記される通り、
エボラやHIVは、Reverse-transcriptionでやらなきゃダメなんですよ。

常識だろ。何考えてんだ。
平和ボケして脳みそにウジ湧いてそうだ。

レトロウイルスのPCRは、必ず偽陰性が混じるので、primerは2種類、できれば3種類必要。
PCRは、期間を開けて3回くらい実施しても「あやしい」んです。
また、遺伝子自体が変異するので、抗HIV薬ritonavirが、いつまで効くかも分からない。

ちゃんとやれよ。
すべてセカンドフロアのせいです。
和歌山の医療機関が腐りきっているのも、セカンドフロアが中国に忖度しているからですよ。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

5 Comments

はなまる says..."どう思いますか。"
ずぶの素人なので判りませんが、否定的な見解です。
https://toyokeizai.net/articles/-/329766?page=5 
2020.02.16 12:43 | URL | #- [edit]
t.ken says..."Re: どう思いますか。"
> ずぶの素人なので判りませんが、否定的な見解です。
> https://toyokeizai.net/articles/-/329766?page=5 

レトロウイルスの特徴は、iPScにも使われています。
遺伝子の編集に、とても役立つ(万能)んですね。

人の遺伝子も、ウイルスの遺伝子も、iPScの遺伝子も、レトロウイルスの性質を使って、改変や書き換えが簡単です。
ウイルスの人工合成は簡単です。
遺伝子編集技術Crisper Cas9が出来るというのに、ウイルスの改変が出来ない理屈は、無知か無能か隠蔽です。
2020.02.16 13:48 | URL | #- [edit]
はなまる says..."レス有難う御座います。もう一つ。"
先の記事の中ではでは、gap12の要素が挿入されているが全てでは無く、また、今回のコロナウイルスだけでなく一般的なウイルスにも似た部分が多々見られるので特異な事では無いと述べられています。つまり、似ているイコール、HIV的な感染を起こすものではないと言っている様に受け取れるのですが、どう思われますか?
2020.02.16 14:26 | URL | #- [edit]
t.ken says..."Re: レス有難う御座います。もう一つ。"
> 先の記事の中ではでは、gap12の要素が挿入されているが全てでは無く、また、今回のコロナウイルスだけでなく一般的なウイルスにも似た部分が多々見られるので特異な事では無いと述べられています。つまり、似ているイコール、HIV的な感染を起こすものではないと言っている様に受け取れるのですが、どう思われますか?

外在性レトロウイルス(HIV, HTLV-1)、内在性レトロウイルス(レトロトランスポゾン, Junk DNA)と、
大きく分けて、レトロウイルスには2種類あります。
後者は、ヒトにもサルにもネズミにも植物にも多量に入っています。後者の塩基配列と、普通に正常な哺乳類の塩基配列で、「相同性が高い」ことは稀にありますが、そのような一致自体がそもそも少ないです。

2010年頃、海外の研究機関が論文に発表した「人工合成の細菌が、細菌そのものとして動いた」という論文がありまして、
それにより、人為的に合成された塩基配列でも、オリジナルの塩基配列と同じ働きをすることが示唆されています。

つまり、HIVの塩基配列は、HIVオリジナルの塩基配列と同じ働きをし、
HIVの受容体gp120は、HIVのgp120と同じ働きをするということになります。
2020.02.16 18:53 | URL | #- [edit]
はなまる says...""
レクチャー有難う御座います。今後、遺伝子解析の詳しい情報が流れてくると思いますので、できれば解説して頂ければ幸いです。
2020.02.16 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。