FC2ブログ

t.kenのオーディオ実験室 ver.3

妄想の域

Posted by t.ken on   0 

オカルトは◯だ のセミナーなんだが、
布切れの四隅に結界を書いて、真ん中に自称フウチという石コロを置く。
これで上とのチャネリングが出来る。

という話なんだが、やっちゃいけないタブーが幾つかある。
1) 金儲け
2) 他人のことを調べる
3) 他人の感情や気持ちを調べる
4) 過去や未来を変える

すでにオーディオ業界で、限りなく原価ゼロに近い金儲けをやった は◯だ も当然ルール違反なんだが、
「自分は特別な許可を得てOK」ということになっている。

ところで、その石コロなんだが、汚らしい色使いでセンスの欠片も無いダサさ。
元の「代用品フウチ」を知ってるkenk〇〇という男あたりは、「進化版」と思い込んでいるんだろう。

まあ、そのダサいのを作ったのが、元モード学園講師なんだが、
入信して15年で、ここまで劣化してしまった。
致命的なセンスの悪さ、今のスペックでは、モード学園の要求水準を満たさないことも一目瞭然だが、
参加者全員がキモいので、大事な部分に気付かないらしい。

進化したのは、キモさとダサさで、村井君が消えた今、広告塔は誰になるんだろうね。

フウチというのは、感情を持っている時点で正確な答えが出ない筋反射の一種であるが、
ファミレス発狂女にフウチを教えてもらえるなんて、
「地獄への片道切符を買った」ようなものだ。
基本、一度振ってしまったら最後、ということでお気の毒様です。
講師があの発狂女だなんて、、、人生詰んだも同然だ。


おいらは、村井君が死んでしまって、生きがいを無くしたように萎えている。
本当に退屈だ、もう生きている意味すら感じない。

生きている間に解決出来るというのは大きい。
村井君は、ほぼ確実に「フウチ振り」であっただろうから、彼には譲れない「答え」があっただろう。
見えないモノの答えより、現実を見た方がいいってことです。

現状を解決するためには、どのように動けばいいか?現実的に考えることだ。
それを最後まで出来なかったのだから、人としての死んだのではなく、信者として死んだ形になる。
当然、間違った信心を持って霊となって彷徨い、「見てる世界と教えてもらった世界が違う」と痛感しても後の祭り。

フウチ、高次元、超能力<<<現実、という関係を忘れちゃダメだ。
は◯だ がミチを誤らない選択もあったが、は◯だ は、「Yに会うとミチから外れる」と、頑として譲らなかった。

は◯だ は、最愛の女性が「群馬に帰った」とフウチの答えを出し、信じ込んでいた。
現実は、「Yの直近の人物Mのマンションを借りて、最愛の女が住んでいた」

ケアレスミス程度の間違いじゃなくて、最悪のチョイスだろうが。
超能力を信じ込むと、こういうミスが現実に起こる。
現実を見てれば、そんなミスしないのにね。

要するに、伊田がやってるのは詐欺です。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



t.ken

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。